日栄化工株式会社 > 日栄化工の開発報告ブログ > 「NFAGハードコートフィルム」高精細画面でも虹彩チラツキを抑止
新発売
2017/04/28

「NFAGハードコートフィルム」高精細画面でも虹彩チラツキを抑止

NICHIEI KAKOH
日栄化工の開発報告ブログ

【第8回高機能フィルム展(2017年4月/東京)出展製品】

 「NFAG(ノンフィラーアンチグレア)ハードコートフィルム」は、ディスプレイの保護用に開発したハードコートフィルムです。フィラーを添加せずに、樹脂の相分離により表面凹凸を形成するため、従来のフィラータイプより、高い防眩性を有しながら虹彩チラツキを抑えます。また、防指紋性も良好です。

NFAGハードコートフィルムのメカニズム》

56-02.png

 コーティング後の特異な乾燥工程により海成分と島成分を相分離し、表面に凹凸を形成します。凹凸形成後にUV照射することで、凹凸を硬化・固定化します。
 
NFAGハードコートフィルムの特徴》

56-03.png

 最表面の凹凸で光を散乱するため、従来のフィラータイプと比較すると虹彩(チラツキ)が少なく、画面が鮮明に見えます。また、組成およびコーティング条件によって凹凸の数、高さ、大きさを制御することによりハードコートフィルムの外観(防眩性)を選択することが出来ます。

 「NFAG(ノンフィラーアンチグレア)ハードコートフィルム」に御関心がございましたら、ぜひお問い合わせ下さい。